MPDB Frontal Offset Barrier (バリア)

Overview

PDBバリアには長い歴史があります。まずACEA・ADACのバリアに基づいてスタートしました。 その後開発はUTACに引き継がれ、ECE R94の新しいディフォーマブルバリアとして、バリアバージョン「PDB XT」が2007年12月に提案されました。 その後、ADACはバリアの高さを低くするなどの変更を導入し、このバリアの試験を続けました。

mpdb barrier

Euro NCAPは、MPDBバリアを採用し、2020 年Moving Progressive Deformable Barrierプロトコルの実用的な変更を加えて仕様を完成させました。この試験ではTHOR-50Mダミーを採用しており、弊社も今後提供する予定をしています。

弊社ではMPDBバリアのご注文を承っております。お問い合わせは下記までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

info@cellbond.co.jp

品質

セルボンドはISO 9001:2008品質マネジメントシステムの認定を受けており、お客様に高品質の製品とサービスをご提供しています。

バリアの構造と性能の再現性を保証するため、静的ハニカムコアの校正試験を行っています。

CAEモデル

セルボンドのMPDBバリアのCAEモデルは、株式会社JSOL(https://www.jsol-cae.com/)からご購入いただけます。

Some of our Customers & Partners

the_title()
the_title()
the_title()
the_title()
the_title()
the_title()